ED治療薬にも禁忌薬があり成分同士によっては危険

医薬品には禁忌薬という注意点があります。
食べ物にも相性の良くない食べ合わせが存在しています。
医薬品の世界にも危険な組み合わせが存在しており、主成分の相性が悪いと、重大な健康被害が発生する、副作用のリスクが著しく高まる等の不具合があります。
初めて飲む医薬品は、特にそういった禁忌薬の点に注目しましょう。
食べ合わせであれば、最悪お腹が痛くなる程度で済みますが、
主成分の組み合わせが非常に悪い場合は、命に関わる体調不良を誘発します。
残念な事に禁忌薬についての注意事項を無視してしまったために、
毎年何人ものユーザーが重篤な健康被害に遭遇しています。

ED治療薬もまた禁忌薬が存在する医薬品です。
勃起不全の解消に不可欠な主成分は、ニトログリセリンとの相性が最悪になります。
いわゆる心臓病のお薬にニトログリセリンの成分は多く使われています。
そのため、ED治療薬は心臓病を治療している方々は原則摂取出来ません。
また先天性の疾患から、ニトログリセリンを含むお薬を常用している方も危険です。
加えてED治療薬に含まれます血管を拡張させる成分は、
血圧をダウンさせるお薬との相性が悪くなっています。
高血圧を抑制させる目的でお薬を飲んでいる方もまたED治療薬を飲む上で、注意が必要です。

ただ、近頃のED治療薬の中には禁忌薬が少ない製品もありますし、
心臓病や高血圧症の医薬品も時代と共に成分が変化しています。
場合によっては主治医の指導のもと、病気治療中の男性でもED治療薬が飲める可能性がありますので、念のためドクターに質問してみましょう。
ダメでもともと、そういった気持ちで相談し、ED治療薬の合否を聞けば良いのです。
もし医師の指導のもと、飲める事が判明したらED治療薬を、専用の医院や個人輸入代行サイトより入手しましょう。