クリームや美容液で乾燥肌対策

病院でも処方される保湿クリームで乾燥肌対策をしたい

ヒルドイドは、病院で処方してもらう医療用の医薬品です。

ヒルドイドの主成分は、ヘパリン類似物質です。

ヘパリン類似物質には、強い保湿効果と血行促進、抗炎症作用などの効果があります。

ヒルドイドは、ドラッグストアなどの一般販売店では売っていないため、簡単に手に入れることはできません。

ヒルドイドを手に入れるためには、病院の処方箋が必要です。

その他には、ネットで海外の医薬品の個人輸入を代行してもらう方法もあります。

しかし、保険適用ではないため、価格が高くなってしまいます。

最も手に入りやすいものとしては、市販のヘパリン類似物質を含む保湿剤があります。

市販の保湿剤でも、ヘパリン類似物質をヒルドイドと同量含有しているものもあるのです。

ドラッグストアチェーン「マツモトキヨシ」からパリン類似物質含有の保湿クリームが販売されています。

市販の保湿剤の場合、病院の受診も必要ないため、継続して使いやすいので、おすすめです。

美容液で乾燥肌対策をしたい

乾燥肌には日頃の保湿が最も効果的です。

毎日のスキンケアの中に、乾燥のための対策を取り入れて、乾燥肌対策を行いましょう。

スキンケアには、化粧水や乳液、保湿クリームなどを用います。

美容液は、化粧水などに比べて成分が高濃度なため、他のスキンケア用品よりも高い保湿効果が期待できます。

しかし、美容液は種類によって期待できる効果に違いがあるのです。

保湿に必要な成分が配合されているかどうかを基準に、美容液を選びましょう。

市販のものであれば、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタエキスなどが配合されているものを選ぶのです。

これらの成分は、高い保湿効果を持ちます。

特にセラミドは、数ある成分の中でも最も保湿の力が強いと言われています。

セラミドが多く配合されたものは、乾燥肌に効果が高いです。

セラミドが配合された美容液で、日々保湿ケアを行うことで、乾燥肌の対策ができます。